特撮博物館

特撮博物館

東京都現代美術館で開催される「特撮博物館」に行ってきました。
特撮博物館(東京都現代美術館)
館長を務めるのはエヴァンゲリオンの監督・庵野秀明。副題として「ミニチュアで見る昭和平成の技」と付いているように、CGが普及する前の精巧なミニチュアの作成技術や撮影方法のアイデアなど、特撮で使われた技術にスポットを当てた展覧会です。

展覧会の構成

・特撮で使用された模型
・短編映画「巨神兵、東京に現る」
・「巨神兵、東京に現る」の資料、メイキング映像
・特撮美術倉庫
・ミニチュアステージ

特撮で使用された模型

さまざまな特撮で使われた模型が庵野館長のコメント付きで展示されてます。たとえば科学特捜隊のジェットビートルの模型には「垂直離着陸とその点火音にシビレます」といったマニアックな視点のコメントが。ウルトラマンをはじめ特撮ヒーローのマスクも展示されてます。

短編映画「巨神兵、東京に現る」

CG禁止、特撮の技術だけで撮影された「火の7日間」。CGでは不可能な表現もあり、技術者の知恵の結集でもあり、特撮への情熱のカタマリですw。後のブースにあるメイキング映像を見るとよくわかります。
登場人物はいなくてナレーションのみ。声は綾波レイでしたww

「巨神兵、東京に現る」の資料、メイキング映像

この展覧会の趣旨はすべてメイキング映像に詰まっているのでは。メイキングを見てからもう一度「巨神兵、東京に現る」を見てみたい。

特撮美術倉庫

こちらの展示は特撮の美術倉庫を再現してます。工具など一緒に2メートル以上ある潜水艦や人と同じくらいの大きさのガメラやゴジラなど、大きな展示物も多いです。別の場所もそうですが、天井にも模型が飾られているので、頭上にも注意です。

ミニチュアステージ

写真撮影OKな場所。ミニチュアで組まれたステージで好きな場所から自分だけのシーンが撮影できます。2人で行けるとお互いを撮影できていいと思います。

当初は「巨神兵の模型と短編映画」くらいしか見どころがないかと思っていたました。でも実際に見てみると、ミニチュアの精巧さや、テレビで見たあの機体が立体で目の前にあることに興奮します。こんな展覧会だと、男性ばかりなのかと思ったら、意外と若い女性も多くて驚きました。

特撮博物館
会期:7月10日~10月8日
場所:東京都現代美術館
料金:大人1400円、中学生900円、子ども400円

部屋のミニチュアから撮った自分
  • 部屋のミニチュアから撮った自分
  • 部屋のまで細かく再現
  • 手前の部屋、中まで細かく再現
  • 戦車から見た東京タワー3
  • 戦車から見た東京タワー1
  • 戦車から見た東京タワー2
  • 戦車のミニチュア
  • 戦車
  • 倒壊したビル
  • 東京タワー
  • 特撮でよく壊される東京タワー
  • 西荻窪駅
  • ミニチュアセット軍
  • 人(副館長の看板)とミニチュアの対比
  • 撮影OKなミニチュアステージ
  • 特撮博物館(東京都現代美術館)

関連する公式サイト

東京に関する記事